グランドキャニオン日帰り!ラスベガスホテル発ツアー徹底比較

グランドキャニオン情報

グランドキャニオンの歴史

アメリカのルーズベルト元大統領が「アメリカ人は全て、生涯に一度はグランドキャニオンに来るべきである」と言ったことでも有名なアメリカの大自然の代表格とも言える自然公園。17億年をかけて堆積した、446kmにも渡る広大な土地の地層が、長い月日をかけて地殻変動や川の流れ、雨、雪などによる水の浸食を繰り返して現在の形に至ったと言われています。12層に重なりむき出しになっている地層は太陽の光によって刻一刻と表情を変えています。

グランドキャニオンの気温・降水量ベストシーズン

平均気温がちょうど良いのが春・秋のシーズンで。夏のグランドキャニオンは40度ほどまで気温が上がる半面、冬のノースリム、サウスリムでは-10度ほどまで下がります。時期や訪れる場所によって服装を工夫しましょう。夏は雷雨が降る事も多くあるので気象情報は要チェックです。

お土産はどこで買える?

「ホビ・ハウス」での購入がおすすめです。ネイティブ・クラフトのギャラリーとなっており、先住民の手によるアクセサリーなどはお土産にもぴったり。
購入するつもりがなくても、一度覗いてみる価値があります。

グランドキャニオンで出逢える動物たち

グランドキャニオンは様々な生き物の宝庫でもあります。哺乳類が75種類、鳥類は300種類以上、爬虫類は45種類、哺乳類は89種類が生息し、リスや蛇などは展望台でも見ることが出来ます。野生動物にはエサをあげないようにしましょう。

グランドキャニオンガラガラヘビ

グランド・キャニオンの谷底だけに生息し、ピンク色に茶色い模様が特徴です。その体長は60cmほどで有毒の蛇です。

コヨーテ

小さなオオカミのような姿で、体長は1.4mほど。近づきすぎると危険なためご注意を。

ゴールデン・イーグル

峡谷の間をすり抜けるように優雅に飛ぶ姿を見ることが出来ます。羽を広げた時のその大きさは2mにも及びます。

キンイロジリス

展望台などの観光客がよく訪れるビュースポットでもよく見かけるリスの1種です。体長30cmほどで背中の縞模様が特徴です。

シャープ・シャインド・ホーク

峡谷の間をすり抜けるように優雅に飛ぶ姿を見ることが出来ます。羽を広げた時のその大きさは2mにも及びます。

ミュール鹿

早朝や夕刻に見られる長い角が特徴の鹿。その体長は1.8mほどで、数頭で現れることが多い。

グランドキャニオン大絶景日帰りツアー

Copyright© ADVENTURE inc.